Articles

祈りに捧げる

過去数週間、私たちは使徒行伝第2章42-47節に概説されている詳細を探求してきました。 この短い一節では、私たちは一世紀の教会の生活、特に”彼らが自分自身を捧げたものを垣間見ることができます。”使徒行伝第2章42節によると、一世紀の教会は”使徒たちの教えと交わり、パンの破りと祈りに専念しました。”私たちはすでに神の言葉への彼らの献身を探求してきました(すなわち “使徒たちは教えている”)、交わり、そして主の晩餐(すなわち”パンの破り”)なので、今私たちは”祈り”に注意を向けますが、これは幼児教会が祈りに専念していると イエスの昇天の後、使徒たちは”一つの合意をもって祈りに専念していた”(使徒行伝第1章14節)。 その後、使徒たちは、彼らが”祈りと言葉の働きに専念する”ことができるように、未亡人への食糧の分配を監督するために七人の男を任命しました(使徒行伝第6章4節)。 だから、祈りに専念することはどういう意味ですか?

祈りへの献身は、祈りが優先されることを意味します。

一世紀の教会は頻繁に祈りの目的のために集まった。 行為の本を旅し、あなたは彼らが様々な理由のために祈るために集まっていることを発見しました。 例えば、教会は、ユダを使徒として置き換える決定(使徒行伝第1章24節)などの重要な決定について祈るために集まりました。 教会は、特にサンヘドリンによるペテロとヨハネの尋問の後、勇気を祈るために集まりました(使徒行伝第4章29-30節)。 教会は、未亡人の食糧配給プログラム(使徒行伝6:6)やパウロとバルナバの伝道運動(使徒行伝13:3)などの省庁の上に祈るために集まりました。 教会は、状況、特にペテロの投獄(使徒行伝12:5)とパウロのエルサレムへの旅(使徒行伝21:5-6)について祈るために集まりました。 教会は彼らの指導者について祈るために集まりました。 パウロとバルナバは、使徒行伝14:23に従って任命された各長老の上に祈り、パウロは特にエペソで教会の長老たちと会い、励まし、指示し、祈ることを目的としました(使徒行伝20:36)。

私たちが祈りに関して一世紀教会から学んだことは、それが私たちの最後の手段ではなく、私たちの最初の応答であることを意図しているというこ 私たちは自分で物事を解決しようとした後、または他のすべての選択肢を使い果たした後、あまりにも頻繁に神に相談します。 しかし、これは初期の教会が祈りを実践した方法ではありませんでした。 ペテロが使徒としてユダを置き換える必要性を指摘したとき、教会の最初の応答は、候補者のためのキャンペーンや各個人の長所と短所のリストを作 代わりに、彼らの最初の応答は、祈りのために一緒に集まることでした。 パウロとシラスが伝道活動のために離れて設定されたとき、教会の最初の応答は、彼らが仕事に合っているかどうかを確認するために心理的なプロフ 代わりに、彼らの最初の応答は、祈りのために一緒に集まることでした。 ペテロが投獄されたとき、教会の最初の応答は、ヘロデ王の宮殿に急いで彼の解放を嘆願することではなく、上訴のために裁判所に請願することではありませんでした。 代わりに、彼らの最初の応答は、祈りのために一緒に集まることでした。 最初の世紀の教会は、”最初に求める”精神を持っていました。 彼らが何ができるかを心配する前に、彼らは神が何ができるかを見るために問題を神に引き渡しました。 彼らはピリピ人への手紙第4章6節でパウロの祈りについての指示を誠実に適用しました。”彼らが心配する前に、彼らが物事を解決しようとする前に、彼らは祈った。

祈りへの献身は、祈りが規律ある考え方であることを意味します。

祈りは聖書の中でしばしば時間と関連しています。 例えば、使徒行伝第3章1節では、ペテロとヨハネが”祈りの時、第九の時に神殿に上った”ことを学びます(すなわち午後3:00)使徒行伝第10章30節では、コルネリウスが”第九の時に家で祈っていたときに天使の示現を受けたことがわかります。”使徒行伝第10章9節では、ペテロは”祈るために六時頃に家の上に上った”(すなわち午後12時00分)と読んでいます。 また、イエスが弟子たちに祈るように教えられたとき、”今日、私たちの毎日のパンを与えてください”(マタイ6:11)という言葉が含まれていたことにも注目 その小さな声明の中で、イエスは弟子たちに、祈りを毎日の日課にするように直接指示することなく、祈りを毎日の日課にするように指示しました。 祈りが習慣的な練習として聖書に提示されているという事実は、それが私たちが意図的に私たちの毎日のスケジュールに組み込む精神的な練習と見

しかし、祈りは聖書にも、絶え間ない、継続的な、または時代を超越した活動として記述されています。 例えば、コルネリウスは”神を恐れた敬虔な人”と表現されており、彼の神への忠実さの証拠の一つは、彼が”神に絶えず祈った”という事実でした(使徒行伝10:1、2)。 パウロの手紙を通して、彼は読者に、”止まらずに祈る”(1テサロニケ人への手紙第5章16節)、”祈りを続ける”(ローマ人への手紙第12章12節)、”常に”(エペソ人への手紙第6章18節)、”熱心に祈りを続ける”(コロサイ人への手紙第4章2節)ように指示しました。 祈りが継続的な活動として聖書に提示されているという事実は、祈りも私たちが本能的に一瞬の通知で回す考え方でなければならないことを示し

祈りへの献身は、祈りが取るに足らない努力とは見なされないことを意味します。

言い換えると、1世紀の教会は、彼らの祈りが問題ではないと思っているかのように祈りませんでした。 彼らは神が彼らの要求に耳を傾けていたという信念で祈りました。 ペテロが投獄されたときの使徒行伝12:1-5の機会を考えてみましょう。 教会は彼の安全と彼の解放のために祈るために集まりました。 ヤコブはずっと前に処刑され、ユダヤ人の間で彼の死の人気はヘロデがペテロを追求する原因となったので、彼らは恐怖の高められた状態にあった 教会の観点から見ると、彼らはペテロを失う可能性が本当だったので、神が介入するように祈った。 彼らは、神が対処するには問題が大きすぎるとは考えておらず、神が対処するには問題があまりにも遠く離れているとは考えていませんでした。

私たちは、ルカによる福音書第22章42節でイエスがされたように、神の御心がなされるように祈ることの意義を理解しています。 私たちは、神は私たちよりも賢明であり、したがって、彼の特権が優先されるに値することを認識しています。 しかし、神の御心が優先されることを知っているからといって、尋ねることを控えるべきではありません。 新約聖書を通して、祈りはユニークな特権として提示されていることを忘れないでください。 例えば、イエスは言われました、”尋ねなさい、それはあなたに与えられます…尋ねるすべての人のために受け取ります”(マタイ7:7-8)。 ジョンは書いた、”私達が彼の意志に従って何でも尋ねれば彼は私達を聞く。 そして、私たちが求めるものは何でも彼が私たちを聞いていることを知っていれば、私たちは彼に求めた要求を持っていることを知っています”(1ヨハネ5:15-16)。 そしてヤコブは、”義人の効果的な祈りは多くを達成することができます”(ヤコブ5:16)と付け加えました。 これらすべての箇所で指摘されているのは、祈りは強力で、取るに足らないものではないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。