Articles

知っておくべきソフトウェア工学におけるプロトタイプモデルの5つの利点

ラッキーブレイン
8月30日·5分読み取り

ソフトウェア工学におけるプロトタイプモデルの利点
ツールによる写真。,Inc on Unsplash

プロトタイプモデルは、許容可能なプロトタイプが取得されるまで、プロトタイプ(最終的なシステムまたは製品の初期ドラフト)を作成、テスト、 完全なシステムかプロダクトが得ることができるように。 が開発される。

プロトタイプは、設計とコーディングを開始する前に、プロジェクトの要件を理解するために作成された迅速で汚れたモデルです。 プロトタイプは基本的にプロジェクトのテスト実行です。

ここでは、一般的なプロトタイプ業界のプロセスのステップバイステップの内訳です:

  • 要件の収集
  • 高速設計
  • プロトタイプの作成
  • エンジニア製品
  • プロトタイプの精製
  • 顧客評価

プロトタイプは、歴史の偉大な技術ホイール、電話、およびインターネットの発明。

ニューヨークの最高のソフトウェア開発会社とのパートナーを探していますか? &スケーラブルなソフトウェアの開発を支援する方法を参照してください。

プロトタイプの最悪のシナリオは、顧客が完成した製品と間違えているということです。 荒いプロトタイプを見ている顧客はこれが終了するか、または磨かれる必要があるちょうどモデルであること気づいていないかもしれません。

大規模なシステム構築や建設が関与している場合、プロトタイピングは、通常、物理的なプロジェクトの設計と開発に使用されます。 多くの変更の変数および未知の兵站学のソフトウェアプロジェクトでは、プロトタイプは非常に貴重である。 プロトタイプは短い時間枠のプロジェクトのための実行可能な選択ではないという広まった誤解がある。

しかし、試行錯誤を必要とするプロジェクトでは、プロトタイピングは最大の成功を確実にするために不可欠な要素です。 ただし、プロトタイプで構築されたプロジェクトを完了するために必要なお金と時間があることを確認する必要があります。 そうすることの利点は巨大である場合もある。

プロトタイプの第一の目標は顧客の幸福であり、顧客は最終的なシステムですべてのニーズが完全に実現されたときにのみ満足しています。

しかし、すべてのニーズを一度に明確かつ簡潔に表現できる顧客はほとんどいません。 プロトタイプは、不明確な要件を特定するために、反復ごとに顧客によって検査されます。 顧客のニーズがあいまいな場合は、プロトタイピングを使用する必要があります。

最終的なシステムが高いレベルのユーザーエンゲージメントを持つことが期待される場合は、プロトタイピングを使用する必要があります。 ユーザインタフェースを設計するときは、プロトタイピングをお勧めします。 プロトタイピングは、開発者がユーザーがシステムがどのように機能するかを理解するのに役立ちます。

消費者のニーズを理解するために、ソフトウェア工学におけるプロトタイプモデルの与えられた利点について見てください。

プロトタイピングの種類

プロトタイピングは、以下のように二つのカテゴリに分けることができます。

プロトタイピングのためのプロトタイピング

顧客の要件を理解するために使い捨てプロトタイピングでいくつかのプロトタイプが開発され、要件が明確になるとプロトタイプは破棄され、最終的なシステムは他のプロセスモデルを使用して開発される。

Throwaway prototypingはあいまいな要件を理解することに焦点を当てていますが、明確な要件はプロトタイプではありません。 ラピッドプロトタイピングは、使い捨てプロトタイピングの別の用語です。

これは、使い捨てプロトタイプは仕様を理解するためだけに作成され、プロトタイプを体系的に開発することによって時間を無駄にしないためです。 その結果、迅速なプロトタイプは、迅速かつ低コストで作成されます。

反復プロトタイピング

進化プロトタイピングでは、最初によく理解された仕様を組み込んでプロトタイプを作成し、開発者は不明な仕様をよりよく理解するように努めます。

最初に開発されたプロトタイプは、ここで洗練され、最終的なシステムを作成します。

プロトタイプは顧客に示され、顧客はあいまいな仕様を明確にするのに役立つ修正を提案する。 より効果的にするために、最終的なシステムが体系的に進化することを保証するために、プロトタイプ開発の最初から体系的なアプローチが使用され

5ソフトウェア工学におけるプロトタイプモデルの最高の利点

プロトタイピングにより、クライアントの仕様や要件の品質が向上します。 クライアントは、プロトタイピングにより、高コスト、必要な変更、潜在的なプロジェクトの制約、および最も重要な潜在的な結果の災害を予 プロトタイピングは、長期的な製品品質とコスト削減を確実にすることができます。

ユーザーエンゲージメントが改善され、増加しました

ほとんどのクライアントは、彼らが彼らのプロジェクトの細かい点で彼らのポイントを持っている プロトタイピングにはユーザーの参加が必要であり、ユーザーは概念の作業モデルを視覚化して対話することができます。 お客様は、プロトタイプを使用して迅速なフィードバックを提供し、プロジェクトの調整を要求し、モデ 最も重要なプロトタイピングは、開発プロセス中の誤解や誤解を排除するのに役立ちます。

3.時間とお金を節約

何も顧客が時間と予算で完了しているプロジェクトよりも幸せになりません。 プロトタイピングは顧客の要求および指定に質を改善します。 開発プロセスの後半で見つかった変更は、実行するためにますます高価になってきています。 より速く、より安価なソフトウェア開発の費用の推定によって、プロトタイピングはエンドユーザーがほしいと思うものを定めることを可能にする。

フィードバックを得て、早期の製品の問題をできるだけ早く解決する

効率的なプロトタイピングプロセスには、製品設計チームと顧客との緊密な接 ユーザーと設計者は、製品開発プロセスに関与しているときに意味のある入力が与えられる前に、モデルを設定して改善することができます。

顧客であろうと利害関係者であろうと、フィードバックはプロジェクトの成功に不可欠です。 プロトタイプを早く提供できればするほど、フィードバックが速くなり、プロセスが短くなります。

プロトタイピングを使用することで、開発プロセスの初期段階で設計上の欠陥を検出できます。 プロトタイピングは、製品のさまざまな実装やベンチマークのためのプラットフォームとして機能するため、有益です。 製品のパフォーマンスを迅速に評価し、適切な意思決定を行うことができます。

複数の反復を通じてより良い製品を作成する

製品設計者の目標は、製品を徹底的にテストし、すべてが正常に動作することを確認することです。 アイデアとデザインが確認されるまで、プロトタイピングプロセスでいくつかの手順を繰り返す必要があります。

高品質の製品を作るには、build-measure-learnループをできるだけ何度も繰り返します。 プロトタイピングを使用して製品の機能や機能を改善する機会が増えれば増えるほど、最終製品はより良くなります。

プロトタイプ結論

プロトタイピングは、修正、エンドユーザーからのフィードバック、推奨される実装を必要とするプロジェクトに不可欠です。 プロジェクト全体の方向性とその最終的な成功は、プロトタイピングによって直接決定されます。

プロトタイピングを成功させるためには、最終的に完成したプロジェクトに悪影響を及ぼし、回復不能な害を引き起こす前に、問題を特定し、修正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。